Monthly Archives: 5月 2015

女性の転職。後悔しないためには

男性、女性問わず、転職を考える人はいると思いますが、男性と女性の仕事を変える理由って、少し違いますよね。

単に「仕事がきついから。」とか「人間関係を上手く保てない」とか、ネガティブな理由は別ですが、例えば、男性の場合「今の会社ではやりたいことが出来ない。」とか、「もっとお給料を沢山もらえるように転職したい。」と前向きな転職も多いでしょう。
もちろん、仕事に燃えていて、男性並みに働くことに専念したい女性もいるでしょう。
でも、男性と大きく違う転職理由は、女性の場合「結婚を期に」男性の職場の近くに移り住むため、通勤や日常の家事を考えて転職する。
「出産を期に」、今では多くの企業で出産前後の環境整備が進んでおり、産後2年、多くは3年も育児休暇をもらえる職場もあります。ですが、それでも、全部は休めない。とか、中小企業にいたっては、まだまだ育児休暇を1年以上取れるところなんて無いかもしれないですね。これまで勤めた会社で産後も頑張るひとも多いですが、子供がいないときほど仕事に専念できないので、それを重荷に感じ、子供を育てやすいパートなどに転職を考える人も出てくるでしょう。

「前向き」、転職をしたつもりでも、実際に転職をしたら「前の会社の方が働きやすかった。」とか、一時的にパートに変えて、子供のために育児や家事を頑張ったが、その後正社員で働きたくてもなかなか条件に見合わない。
など、辞めてみて、転職してみて見えてくる部分もあり、これが効果に繋がります。

働く女性のなかで、転職をして後悔した人の割合は、なんと8割!
ほとんどの女性が後悔をしています。

理由は、「新しい会社の教育体制がしっかりなされていない。」「お給料が上がりにくい。」「風土・社風がわるい。」などで、入社してみないとわからないところです。
周りの評判なども聞くことは出来るかもしれませんが、本人と職場環境の相性もありますし、その職場があっている人にとっては不満にはならないのかも。
自分の経験を基に、次の職場を評価することになるので、比べてしまうと「劣る」と感じる部分が不満になりますよね。

事前に調べることは難しいですが、ネットの情報で、その会社の業績などを簡単に見られるかもしれません。離職率などもハローワークなどは把握しているでしょうし。
働く女性、応援したいですし、後悔は出来るだけしてほしくないですので、事前の情報収集をできるだけして、現会社を辞める・辞めないの判断を間違えずに、前向きな転職をしてもらいたいですね。