Monthly Archives: 11月 2015

中小企業に転職して後悔する人

転職において、後悔をしない人、いるでしょうか?
誰でも、多少の後悔はするものです。
どんなことで後悔をしているのか、調べると、年収ダウンが多いですね。
そして、後悔した!と言う人は、大抵、後ろを振り返り、昔の良かった事ばかり考えているのではないでしょうか?

まず、転職するということは、よほどの実力が無ければ収入ダウンに繋がります。
これまでいた会社と同等の評価をしてもらえることは無いでしょう。
新しい会社からすると、新しく入る人がどのような仕事をするか?なんて、働き始めなければわからないことです。
応募書類に、どれだけ良いことを書いても、応募者は皆、自分の精一杯を書面にして提出するわけで、中には出来ないことを出来ると書く人もいるわけで、引き抜きなどで転職しない限りは、収入アップは難しいかもしれません。
もちろん中には例外もありますが。

なぜ転職したいか?
自分自身でじっくり考えることは必要です。転職しても後悔はあるので、出来るだけ後悔しないように、思いつきでの転職は危険です。

では、上記を前提に考えて転職した場合、どんな後悔があるか?
大企業と違って、中小企業は、上司や役職との距離が近く会社全体が一致団結して、同じ方向を向いて仕事が出来る!というイメージ、ありませんか?
これって、とても素敵なことだと思います。
ですが、その裏には、社長単位の偉い人が身近すぎて、無理を強いられても断れない。とか、昇給が最初の提示条件と違うが、いい辛く、うやむや。言ったら立場が悪くなりそう。なんて悩みもあるでしょう。
表向きは良い会社だけど、実際は経営状態が悪いため、残業は付かない。とか、休日出勤は休出手当てなど付かず、平日に代休として使うように。と言われてしまう。
でも、実際は平日に代休を取れる余裕も無くて、代休はそのまま消失・・・。何てこともあるようです。

こういったことは、暗黙の了解で、従業員間でも話題に出来ない。とか。
こういった会社の体質は見抜けませんよね。
それが解っていれば、違う会社を受けたのに。と後悔する人もいるでしょう。

もちろん、中小企業全てがそういう体制なわけではないでしょうし、大企業も、もしかしたらサービス残業当たり前で、やりくりしている部分もあるかもしれません。
何より会社の業績が良くなければ、従業員に賃金を支払えませんし、無理して賃金を支払ったことによって、会社が大赤字になり、倒産、従業員解雇。となっては、元も子もないわけです。

後悔と捕らえるか、その会社で頑張って、認めてもらって、特別な存在となるか。
本人の努力次第なところもあるでしょうし、会社におんぶされることだけ考えたら、きっと、一生後悔ばかりの人生です。
転職、簡単なことではないと思いますし、自分の満足する人生を歩みたいと思うのは、誰でも同じですよね。どこに満足の上限を持ってくるかで、後悔の大小くらいは変わってくるかもしれませんね。
もしかしたら、「後悔するのは当たり前。」と思って転職すれば、さほど後悔しないかもしれません。