Author Archives: 転職マスター

転職で失敗した!と後悔した人

転職は誰でも一度は考えるでしょう。
その中で、実際に転職をする人、しない人、に別れると思いますが、どちらが正解か?
もちろん正解はありませんね。
転職しない人は、きっと、年を取るごとに「あの時転職していたら、もっと良い働き方が出来たかも」とか、「いまさら辞めても。」と後悔し続けるかもしれませんし。

転職した人はどうでしょうか?
後悔しない人も、中にはいるかもしれませんが、やはり後悔する人は多いようです。
転職してみて、思っていた仕事内容と違う仕事をしなければならなかったり、お給料面も、入った当初は求人通りで気にしていなかったが、昇給せずに後悔している。とか、人間関係においてもいえるでしょう。中途採用と言う立場になるわけですから、「新卒新人」と言う目では見られません。仕事は出来るのか?人当たりはいいのか?などと勘ぐられながら、日々を過ごす事もあるでしょう。

このように、いろんな状況が考えられますが、実際には入ってみないと解らない部分でもありますので、多少の後悔は覚悟しなければならないでしょう。

では、失敗した!と思う部分は、どんなところでしょうか。

自己分析の不足、と言う人がいます。
出来るだろう、やれるだろう。と思って、いざ転職してみたら、思うように仕事が覚えられなかったり、簡単にこなせると思っていた仕事が、実際はきつくて苦痛になる。
また、やりたいと思っていた仕事だが、中に入るとイメージと違った。
など、入社前に想像ばかりが膨らみ、現実についていけない。という事も。
これは、経験が無い職種に転職するときに起こりえる状況で、見るのと実際にやるのは全く違う場合が多いので、自分に出来ることに+αの付加を考えて=出来ると捕らえる事が大切でしょう。

企業分析の不足という例もありました。
就職するまでに、その企業の雰囲気を掴むことは難しいでしょう。
採用までに出会える、その企業内の人は、面接してくださる担当の人や、中小規模の会社であれば、社長や副社長の面談もありますね。
面接官や、その上の人たちの印象が良かったからと、安心して職場に配属。
実際に働いている社員間は雰囲気が悪くて…。何てことも。
経営者と従業員には、ある程度のギャップがあると思います。
そこを知るのは難しいですが、知り合いに、その会社に勤めている人や、会社との付き合いがある人を探して聞いてみたり、あるいは、企業の離職率を調べたり(離職率が低いほうが働き易い会社と言う印象を受けます。)、事前に自分なりに調査をしていると良いかもしれません。

面接時の確認不足ということも。
採用してもらいたいがために、面接時にあれこれ聞けず、実際に就職したら、求人票の記載と条件が違った。と後悔する人も多いかも。
このご時勢、仕事に就けないと大変不安になりますし、出来るだけ好印象で面接を受けたい。と言う人もいるでしょう。しかし、雇用条件は大切なことです。確認の際に、嫌な顔をされても、採用される人は採用されるでしょうし、必要以上にとはいいませんが、求人票の記載内容の確認くらいは、面と向かってするのがよいでしょうね。

失敗となるか、成功となるかは、個人の考え方もあるでしょうが、準備は万全にして、転職に向けて頑張ってください。

転職の年収交渉に失敗する前にチェック>>転職で年収アップした方法

営業に転職をして後悔をする人が増加をしているとか?

営業職に憧れる人もいます。
企業の顔ともなる仕事ですし、新規に契約を取ることが出来れば、大きな利益を生み出すことができると考えられています。
憧れだけで営業職に転職を希望する人もいますが、経験がないと後悔をすることになります。
経験があったとしても異業種の営業に転職をすると今までのノウハウを活用することが出来ないということもあります。

営業職はかなり厳しい場合が多いです。
特に不景気になってからは門前払いになることもあります。
中々契約を取り付けることができなくて、営業成績も伸びずに苦労をすることもあります。
営業職は誰にでも出来る仕事ではありません。
コミュニケーション能力も必要となりますし、トラブルが起きた際に迅速に対処をするためのフットワークも必要となります。
トラブルも1人で対処しなければいけないこともあり、やらなければいけないことはたくさんあります。

意外と営業職に転職をして後悔をする人は多いのです。
自分には向いていない仕事だった、と思い悩んでしまう人も多いです。
たくさんの担当を持つことになると、管理をすることができなくなってしまい、1人でパニックに陥ってしまうこともあります。
時間を守ることも営業職には必要となってくることなので、時間にルーズな人も営業職になるとトラブルを引き起こす原因となってしまいます。

営業の仕事は相手がいてこそ成り立つ仕事なので相手に合わせることも大切です。
営業職に転職をして後悔をする理由はたくさんあります。
残業代が出ない、ノルマが課せられている、成績によって給与が決まる、自分の時間を持つことが出来ない、トラブル対応で休日も呼び出される可能性がある、人間関係を良好に保つことができない、などたくさんあります。
また1度約束を破ってしまえば、信頼も失うことになります。
信頼は1度失ってしまうと、取り戻すことが困難になります。
ですからミスが許されない仕事でもあります。

細かい部分まで神経を使い、疲弊をしてしまって体調を崩すということもあります。
営業職に転職をしたことによって後悔をして、結局再び転職をしなければいけなくなってしまうこともあるのです。
もちろん、デメリットばかりではありませんし、多くの人とのつながりを持つこともできるでしょう。
営業が自分に合っていると感じているのであれば、転職を考えてみてもいいかもしれませんが、その際には転職先の情報はしっかりと収集して分析をしたほうがよいです。

転職を後悔してうつになった時の対処方法とは?

転職はポジティブなことばかりではありません。
リスクもありますし、転職をしたことによってストレスを感じることもあります。
中には転職を後悔して、うつに陥ってしまう人もいます。
思うような仕事をすることができず、周りとも上手くやっていくことができずに思い悩んでしまうこともあるでしょう。

また企業によっても異なりますが、すでに社内の人間関係が出来上がっており、そこに入ることが出来ないということもあります。
そうなると、仕事中も孤立をしてしまうことになり、うつ状態になってしまうこともあるのです。

転職をしたことが原因でうつになってしまった場合、どのような対処方法があるのでしょうか?
うつは放置していれば治るものではありません。
原因を究明し、その原因を解消しなければ、根本的な解決を行うことが出来なくなってしまいます。
その原因が転職にある場合には、仕事を休ませてもらったり、再度転職を考えるとよいでしょう。
症状が悪化してしまうと、自ら命を絶ってしまうような人もいます。
うつはとても怖い病気なので、早めの対処が必要となります。

やる気が出ない、常にだるい、頭痛がする、ネガティブな考えしか持つことが出来ないなどの様々な症状が出ます。
社会復帰をすることができないくらいに追い込まれることもあります。
ですからうつの症状が出始めたら、できるだけ早めに次の転職を考えたほうがよいでしょう。
うつ症状に陥るということは企業側にも理由があるはずです。
転職をしてきた人を快く受け入れるような体制が整っていないということもあるでしょう。
うつになって転職をする人が多いような企業はブラック企業である可能性もあります。
早めに縁を切ったほうが自分自身のためにもなります。

転職をして後悔をする理由に転職先がブラック企業だった、ということもあります。
有名な大手の企業であっても、不正やハラスメントを隠ぺいすることがあります。
転職先でパワハラやセクハラを受けてうつになる、という人も今は多くなっています。
内部告発をして解決をさせることが出来る場合もありますが、隠ぺい工作をする企業もあります。
隠ぺいされると余計に待遇が悪くなり、うつの症状が進行してしまうこともあります。
心療内科で診断書をもらい、休職をしたり、うつを原因に再び転職を考えたほうが自分の身を守ることになります。
明らかな隠ぺいの場合には、労働基準監督署に通報をして対処をしてもらう方法もあります。

転職を後悔して出戻りをお願いすることは可能なのか

転職をすれば希望を叶えることができる、と考えている人もいますが、実際にはそんなに甘いものではありません。
転職をした人の中には、後悔をして前の会社に出戻りを希望する人もいます。
実際に今まで就業をしていた企業を離れてみると、その企業の素晴らしさやメリットなど良い点ばかりを感じるようになった、という人もいます。

出戻りは恥ずかしいことかもしれません。
しかし最近では出戻り社員が増加をしています。
一旦他の企業で仕事をして、その経験を生かして再び戻ってくることに嫌悪感を抱くような人もいるかもしれません。
しかし一旦出たからこそ新たに見えてくるものがあるのです。

出戻ると恥ずかしいと感じることもあるでしょう。
しかし慣れ親しんだ企業で再び仕事をすることが出来るのであれば、以前よりもさらにやる気が出てくるかもしれません。

企業によっては、出戻り社員を歓迎することもあります。
新たに求人を出しても中々条件にマッチをするような人材を見つけることが出来ない場合には、戻ってきてくれれば教育期間も設ける必要がないので、即戦力になってくれます。
仕事の進め方なども熟知しているので、安心できますし、何かと頼りになるということにもつながります。

しかし中には退職をした人を再び採用をする、ということに抵抗を感じる企業もあります。
退職理由によっても状況は異なってきますが、場合によっては正社員ではなく、契約社員として向かい入れることもあります。
契約社員から将来的には正社員となれる可能性もあります。

数年前までは転職をしたことを後悔して出戻ってくるような人を再び採用するような企業はありませんでした。
また、出戻るという選択肢もありませんでした。
しかし今は出戻りが一般的になってきていますし、転職の理由によっては戻って来てほしいと考える企業もあるのです。
絶対に出戻ることは出来ないというわけではないので、出戻りたいのであれば、お願いをしてみるとよいでしょう。
ただし、人間関係の悪化や企業に対する不満をぶちまけて退職をした場合には戻ることは難しいでしょう。
基本的には円満に退職をしてから転職をした人のみが出戻りを許されるのです。
企業側もその人が優秀であれば、戻って来てほしいと願うでしょう。
企業から必要とされている人ではないと、出戻って仕事をするということは困難なので、戻る前に周りからどう思われていたのか、ということを考え直してみたほうがよいでしょう。

中小企業に転職して後悔する人

転職において、後悔をしない人、いるでしょうか?
誰でも、多少の後悔はするものです。
どんなことで後悔をしているのか、調べると、年収ダウンが多いですね。
そして、後悔した!と言う人は、大抵、後ろを振り返り、昔の良かった事ばかり考えているのではないでしょうか?

まず、転職するということは、よほどの実力が無ければ収入ダウンに繋がります。
これまでいた会社と同等の評価をしてもらえることは無いでしょう。
新しい会社からすると、新しく入る人がどのような仕事をするか?なんて、働き始めなければわからないことです。
応募書類に、どれだけ良いことを書いても、応募者は皆、自分の精一杯を書面にして提出するわけで、中には出来ないことを出来ると書く人もいるわけで、引き抜きなどで転職しない限りは、収入アップは難しいかもしれません。
もちろん中には例外もありますが。

なぜ転職したいか?
自分自身でじっくり考えることは必要です。転職しても後悔はあるので、出来るだけ後悔しないように、思いつきでの転職は危険です。

では、上記を前提に考えて転職した場合、どんな後悔があるか?
大企業と違って、中小企業は、上司や役職との距離が近く会社全体が一致団結して、同じ方向を向いて仕事が出来る!というイメージ、ありませんか?
これって、とても素敵なことだと思います。
ですが、その裏には、社長単位の偉い人が身近すぎて、無理を強いられても断れない。とか、昇給が最初の提示条件と違うが、いい辛く、うやむや。言ったら立場が悪くなりそう。なんて悩みもあるでしょう。
表向きは良い会社だけど、実際は経営状態が悪いため、残業は付かない。とか、休日出勤は休出手当てなど付かず、平日に代休として使うように。と言われてしまう。
でも、実際は平日に代休を取れる余裕も無くて、代休はそのまま消失・・・。何てこともあるようです。

こういったことは、暗黙の了解で、従業員間でも話題に出来ない。とか。
こういった会社の体質は見抜けませんよね。
それが解っていれば、違う会社を受けたのに。と後悔する人もいるでしょう。

もちろん、中小企業全てがそういう体制なわけではないでしょうし、大企業も、もしかしたらサービス残業当たり前で、やりくりしている部分もあるかもしれません。
何より会社の業績が良くなければ、従業員に賃金を支払えませんし、無理して賃金を支払ったことによって、会社が大赤字になり、倒産、従業員解雇。となっては、元も子もないわけです。

後悔と捕らえるか、その会社で頑張って、認めてもらって、特別な存在となるか。
本人の努力次第なところもあるでしょうし、会社におんぶされることだけ考えたら、きっと、一生後悔ばかりの人生です。
転職、簡単なことではないと思いますし、自分の満足する人生を歩みたいと思うのは、誰でも同じですよね。どこに満足の上限を持ってくるかで、後悔の大小くらいは変わってくるかもしれませんね。
もしかしたら、「後悔するのは当たり前。」と思って転職すれば、さほど後悔しないかもしれません。

Uターン転職で後悔しないためには

東京に住む人のほとんどは地方の出身者だと聞いたことがあります。
古くから東京の街に住み続けている家庭もあるでしょうが、大体は就職などで上京している人がほとんど。
それは、本人だけでなく、親の世代、その上の世代を含めてです。
つまり、わりと「田舎」を持つ人が多いんでしょうね。

ですから、「Uターン」と言う言葉が根付くわけでしょうね。

では、そのUターン就職について、少し考えます。

田舎から、都会へ憧れ、都会の生活に夢を描き、就職する際に東京・大阪・名古屋などの大規模都市へ移り住む人たち。
実際に就職してみて、生活を始めてみて、最初は仕事を覚えることや生活に慣れることで一生懸命になるでしょう。
仕事や生活に慣れてくると、今度は、親しくなった人たちと遊びに行ったり、自分で何か習い始めてみたり。と、生活を楽しめるようになります。
田舎と違って、都会は交通の便が良く、また、アミューズメントパークやスポーツ施設、旅行に行くにも格安で、と、たくさんの楽しみ方が出来ます。
ですから、田舎の暮らしを忘れて、楽しい時間を過ごすでしょう。

でも、その生活に馴染めず、田舎に戻りたい。と思う人や、例えば結婚して子供が産まれて「子供はのびのびと田舎で育てたい。」と思う人、中には親に戻ってほしいと言われて、理由は様々ですが、Uターンを考え始める人も多くいるでしょう。

では、Uターンをすることで後悔はしないのか?

まずは、Uターン就職する決断に至るまでの考えですが、何のためにUターンするか?
何より、自分自身の為であることが後悔しない一番の理由になるでしょう。

地方の賃金は、基本的に首都圏などよりも低いです。これは大前提で考えましょう。
ですから、収入ダウンは覚悟しなければなりません。

その上で、後悔しないこと。メンタル的に都会に馴染めないなら、田舎に帰ることで改善されますから、さほど後悔は無いでしょう。
しかし、親の都合でUターン就職をした時に、収入が下がって、遊びに行く機会も減り、親の面倒を見なければならないとなると、ストレスになり、後悔に繋がるかもしれません。
一度は親元を離れ、自立をしたわけですから、一つの線は引いた上で、出来るときに親の役に立てるように生活をすればよいでしょう。遠く離れていると、困ったときに頼ることも出来ませんが、何かあれば支えあえる距離になることは間違いないですし、そのことを有難いと思って生活できれば、後悔も少なくなるでしょうね。

人間なら後悔は必ずします。昔のことが良く見えるのは当たり前です。
でも、その時に、その現状が嫌だったから、今の場所にいる。とうことを忘れずに、せっかくの人生を楽しく、前を向いていくのが後悔を減らすことになるのではないでしょうか?

大手から転職、後悔しませんか?

就職難民と言う言葉が飛び交った数年前。
最近はあまり耳にしませんが、リーマンショック以降でしょうか?その時代は安定した高収入を得るため、大手企業に入りたい人が多く、その競争の流れに乗るために、高学歴が当たり前で、大手企業の就職試験を受けたい人で求人枠を大きく上回る競争率になりました。
とにかく、大手!という思考が強く、やりたいことや夢に向かう人がどれだけいたのだろうか?と思うこともありました。

一昔前は、やりたい仕事があり、夢があり、そこへ繋がる道は、専門高校卒でも、専門学校でも、大学卒業していなくても叶っていたと思います。
そこへ、安定を求める高学歴の求職者が増え、悲しいことに、職業本来の中身に対する志しや夢を持つ人が減っていったのではないでしょうか?
そのため、滑り止めとして受けた中小企業に内定をもらっても、別に受けている大手の採用通知を待ち、採用したら中小企業を断る。という現象が増え、就職が大変と言われている裏では、内定を辞退され、優秀な人材を確保できなかった中小企業が、また、次の人材を探さなければならない。という事態が起こりました。
ですから、求人も蓋を開ければ残っていたりしました。

では、その、高収入を目標にして大手に就職した人たち、実際に勤めてみてどうでしょう?
大手はじっくり教育をしてもらえたり、時間をかけて仕事を覚える余裕があると思います。ですから、自分がバリバリ働けている実感はすぐには付いてこないかもしれません。
逆に、大手企業のその名前ばかりに気を取られていたため、実際に働いてみることで、仕事に対するイメージとのギャップに、転職を考えて、やめてしまうパターンもあるでしょう。

若いうちに転職をする、ということは、さほどスキルも身に付いていないわけで、中小企業でバリバリ働いてやる!という意気込みがあったとしても、実際の中小企業は大手ほど人員に余裕も無く、仕事の日程管理も厳しく、実際には周りが忙しすぎて、ろくに教育もしてもらえない。ということが多いでしょう。
そして、転職したことが後悔に繋がるでしょう。

もともと、「やりたい仕事」が基本で会社を選び、就職試験を受けて、採用されていれば、その会社に入ったこと事態が誇りになり、頑張って続けていけるでしょう。
目先の事に囚われてしまうと、違うほうへ気持ちが向きやすくなると思います。

大手から転職するなら、「何を目標とするか。」これを自分の中でしっかりもつことが大雪です。後悔をしない。と言うことは、なかなか難しいと思いますが、自分の中で納得できる転職、後戻りしたくなっても、転職を考えたときに、しっかりと自分のイメージを持つことが出来ていれば、後悔し続けることなく、また、前を向いて進めるでしょう。

女性の転職。後悔しないためには

男性、女性問わず、転職を考える人はいると思いますが、男性と女性の仕事を変える理由って、少し違いますよね。

単に「仕事がきついから。」とか「人間関係を上手く保てない」とか、ネガティブな理由は別ですが、例えば、男性の場合「今の会社ではやりたいことが出来ない。」とか、「もっとお給料を沢山もらえるように転職したい。」と前向きな転職も多いでしょう。
もちろん、仕事に燃えていて、男性並みに働くことに専念したい女性もいるでしょう。
でも、男性と大きく違う転職理由は、女性の場合「結婚を期に」男性の職場の近くに移り住むため、通勤や日常の家事を考えて転職する。
「出産を期に」、今では多くの企業で出産前後の環境整備が進んでおり、産後2年、多くは3年も育児休暇をもらえる職場もあります。ですが、それでも、全部は休めない。とか、中小企業にいたっては、まだまだ育児休暇を1年以上取れるところなんて無いかもしれないですね。これまで勤めた会社で産後も頑張るひとも多いですが、子供がいないときほど仕事に専念できないので、それを重荷に感じ、子供を育てやすいパートなどに転職を考える人も出てくるでしょう。

「前向き」、転職をしたつもりでも、実際に転職をしたら「前の会社の方が働きやすかった。」とか、一時的にパートに変えて、子供のために育児や家事を頑張ったが、その後正社員で働きたくてもなかなか条件に見合わない。
など、辞めてみて、転職してみて見えてくる部分もあり、これが効果に繋がります。

働く女性のなかで、転職をして後悔した人の割合は、なんと8割!
ほとんどの女性が後悔をしています。

理由は、「新しい会社の教育体制がしっかりなされていない。」「お給料が上がりにくい。」「風土・社風がわるい。」などで、入社してみないとわからないところです。
周りの評判なども聞くことは出来るかもしれませんが、本人と職場環境の相性もありますし、その職場があっている人にとっては不満にはならないのかも。
自分の経験を基に、次の職場を評価することになるので、比べてしまうと「劣る」と感じる部分が不満になりますよね。

事前に調べることは難しいですが、ネットの情報で、その会社の業績などを簡単に見られるかもしれません。離職率などもハローワークなどは把握しているでしょうし。
働く女性、応援したいですし、後悔は出来るだけしてほしくないですので、事前の情報収集をできるだけして、現会社を辞める・辞めないの判断を間違えずに、前向きな転職をしてもらいたいですね。

転職を後悔する理由とは

せっかく転職をしても中にはその転職を後悔するような人もいます。
後悔をする理由の中には「思ったものとかなり違いがあった」ということであったり、「やりたい仕事ではなかった」「求人広告に記載されていた待遇と違う」などがあります。

福利厚生面で提示されていた内容と大きくかけ離れているような場合には、その旨を伝えてみるとよいでしょう。
場合によっては改善をしてくれるかもしれません。
もしもその求人広告が転職エージェントであったり、ハローワークで出されていたものであれば、相談をしてみるのもよいでしょう。
虚偽の広告を出して求人をしていたということになるので、解決をさせることが出来るかもしれません。

転職先で提示していたものと違う仕事であったり、待遇である場合には異議を申し立てる必要がありますが、よく確認もしないで応募をして採用となってしまった場合には、自己責任になってしまいます。
ですから、後悔をしないためには、十分な調査が必要となります。
転職をする前に後悔をしないように自分で調べることが出来る部分については調べておくとよいでしょう。

中には転職先がブラック企業だった、ということもあるかもしれません。
ブラック企業かどうかを確認するためには、複数の転職サイトを利用してみるとよいです。
多くの転職サイトで同じ企業の求人が出ていた場合、離職者が多いという証拠です。
離職者が多いということは、仕事を長く続けることが出来ない、何かの原因があるはずです。
ですから頻繁に求人広告を出しているような企業は避けたほうがよいでしょう。
何かトラブルを抱えている可能性もあるので、応募はしないほうがよいです。
ブラック企業に転職をしてしまうと、後悔をすることがたくさんあります。
残業が多かったり、ハラスメントが横行をしていたり、人としての扱いを受けることが出来なかったり、など精神的にも追い込まれてしまうかもしれません。
ブラック企業かどうか、というのは意外と簡単にチェックをすることが出来るので、調べてみるとよいでしょう。

転職で後悔をする理由の中で多いものが、求人広告の内容とは大きな差があった、という点です。
トラブルを避けるためには、自分1人で動かずに転職エージェントなどの仲介業者を利用したほうがよいです。
トラブルになった際に相談をすることが出来る窓口があると、何かと安心できますし、対策も考えることが出来るので利用をする価値はあります。

転職で後悔しないために知っておいたほうがよいこと

転職をしたいと思っていても、転職先の選択を失敗してしまっては意味がありません。
後悔しないためには、どのような準備が必要となるのでしょうか?
その転職が上手く行くのかどうか、というのは実際に就業をしてみなければ分かりません。
それでも事前に調査をしておくことによってある程度のリスクを回避することはできます。

まず、自分はどうして転職をするのか、ということをもう1度考えてみてください。
給与をアップさせたい、人間関係を良好にしたい、やってみたいことがあったので挑戦をしたい、家庭と仕事との両立を考えたい、などなど個人によって転職の理由は異なります。
給与をアップさせたい場合、転職先の給与が低いとその転職は失敗ということになります。
事前にどれくらいの収入を得ることができるのか、ということを確認しなければいけません。
その際に残業があるのかどうか、残業代は出るのかという点も確認しておきましょう。
残業代が出れば、収入は上がります。
しかしそうなると、仕事がハードということにもなるので、そのバランスを考える必要もあいrます。

人間関係が問題となっている場合、転職先でも良好な人間関係を築くことが出来るという保障はありません。
どこにでもトラブルはあると考えたほうがよいでしょう。
どれくらいの年代の人が就業をしているのか、という程度であれば調べることはできます。

新しいことにチャレンジをしたいという理由の場合、あまりにもハードルが高くなってしまうと、続けることが困難になってしまいます。
ですから自分に出来るのかどうか、ということを見極めなければいけません。
資格を取得しておいたほうがよいのか、専門知識は必要なのかという部分まで確認をすることが必要です。

転職をしても内容がミスマッチだった場合、その転職は失敗と言えるかもしれません。
もしもあまりにも思った仕事との差がある、という場合には再び転職を考えたほうがよいかもしれません。
仕事の内容や待遇などをキチンと確認をして、その内容でできると判断をしても、実際には話とは違ったということもあるかもしれません。
その際には交渉をすることも必要です。

後悔をしないためには下準備も必要ですし、思いつきで転職をしてしまうと失敗をする可能性もあるので、十分に注意をしたほうがよいです。
転職エージェントなどを利用してしっかりと話をすることによって失敗を避けることも可能です。
相談をしてみるのもよいでしょう。