転職を後悔して出戻りをお願いすることは可能なのか

転職をすれば希望を叶えることができる、と考えている人もいますが、実際にはそんなに甘いものではありません。
転職をした人の中には、後悔をして前の会社に出戻りを希望する人もいます。
実際に今まで就業をしていた企業を離れてみると、その企業の素晴らしさやメリットなど良い点ばかりを感じるようになった、という人もいます。

出戻りは恥ずかしいことかもしれません。
しかし最近では出戻り社員が増加をしています。
一旦他の企業で仕事をして、その経験を生かして再び戻ってくることに嫌悪感を抱くような人もいるかもしれません。
しかし一旦出たからこそ新たに見えてくるものがあるのです。

出戻ると恥ずかしいと感じることもあるでしょう。
しかし慣れ親しんだ企業で再び仕事をすることが出来るのであれば、以前よりもさらにやる気が出てくるかもしれません。

企業によっては、出戻り社員を歓迎することもあります。
新たに求人を出しても中々条件にマッチをするような人材を見つけることが出来ない場合には、戻ってきてくれれば教育期間も設ける必要がないので、即戦力になってくれます。
仕事の進め方なども熟知しているので、安心できますし、何かと頼りになるということにもつながります。

しかし中には退職をした人を再び採用をする、ということに抵抗を感じる企業もあります。
退職理由によっても状況は異なってきますが、場合によっては正社員ではなく、契約社員として向かい入れることもあります。
契約社員から将来的には正社員となれる可能性もあります。

数年前までは転職をしたことを後悔して出戻ってくるような人を再び採用するような企業はありませんでした。
また、出戻るという選択肢もありませんでした。
しかし今は出戻りが一般的になってきていますし、転職の理由によっては戻って来てほしいと考える企業もあるのです。
絶対に出戻ることは出来ないというわけではないので、出戻りたいのであれば、お願いをしてみるとよいでしょう。
ただし、人間関係の悪化や企業に対する不満をぶちまけて退職をした場合には戻ることは難しいでしょう。
基本的には円満に退職をしてから転職をした人のみが出戻りを許されるのです。
企業側もその人が優秀であれば、戻って来てほしいと願うでしょう。
企業から必要とされている人ではないと、出戻って仕事をするということは困難なので、戻る前に周りからどう思われていたのか、ということを考え直してみたほうがよいでしょう。