大手から転職、後悔しませんか?

就職難民と言う言葉が飛び交った数年前。
最近はあまり耳にしませんが、リーマンショック以降でしょうか?その時代は安定した高収入を得るため、大手企業に入りたい人が多く、その競争の流れに乗るために、高学歴が当たり前で、大手企業の就職試験を受けたい人で求人枠を大きく上回る競争率になりました。
とにかく、大手!という思考が強く、やりたいことや夢に向かう人がどれだけいたのだろうか?と思うこともありました。

一昔前は、やりたい仕事があり、夢があり、そこへ繋がる道は、専門高校卒でも、専門学校でも、大学卒業していなくても叶っていたと思います。
そこへ、安定を求める高学歴の求職者が増え、悲しいことに、職業本来の中身に対する志しや夢を持つ人が減っていったのではないでしょうか?
そのため、滑り止めとして受けた中小企業に内定をもらっても、別に受けている大手の採用通知を待ち、採用したら中小企業を断る。という現象が増え、就職が大変と言われている裏では、内定を辞退され、優秀な人材を確保できなかった中小企業が、また、次の人材を探さなければならない。という事態が起こりました。
ですから、求人も蓋を開ければ残っていたりしました。

では、その、高収入を目標にして大手に就職した人たち、実際に勤めてみてどうでしょう?
大手はじっくり教育をしてもらえたり、時間をかけて仕事を覚える余裕があると思います。ですから、自分がバリバリ働けている実感はすぐには付いてこないかもしれません。
逆に、大手企業のその名前ばかりに気を取られていたため、実際に働いてみることで、仕事に対するイメージとのギャップに、転職を考えて、やめてしまうパターンもあるでしょう。

若いうちに転職をする、ということは、さほどスキルも身に付いていないわけで、中小企業でバリバリ働いてやる!という意気込みがあったとしても、実際の中小企業は大手ほど人員に余裕も無く、仕事の日程管理も厳しく、実際には周りが忙しすぎて、ろくに教育もしてもらえない。ということが多いでしょう。
そして、転職したことが後悔に繋がるでしょう。

もともと、「やりたい仕事」が基本で会社を選び、就職試験を受けて、採用されていれば、その会社に入ったこと事態が誇りになり、頑張って続けていけるでしょう。
目先の事に囚われてしまうと、違うほうへ気持ちが向きやすくなると思います。

大手から転職するなら、「何を目標とするか。」これを自分の中でしっかりもつことが大雪です。後悔をしない。と言うことは、なかなか難しいと思いますが、自分の中で納得できる転職、後戻りしたくなっても、転職を考えたときに、しっかりと自分のイメージを持つことが出来ていれば、後悔し続けることなく、また、前を向いて進めるでしょう。