転職で失敗した!と後悔した人

転職は誰でも一度は考えるでしょう。
その中で、実際に転職をする人、しない人、に別れると思いますが、どちらが正解か?
もちろん正解はありませんね。
転職しない人は、きっと、年を取るごとに「あの時転職していたら、もっと良い働き方が出来たかも」とか、「いまさら辞めても。」と後悔し続けるかもしれませんし。

転職した人はどうでしょうか?
後悔しない人も、中にはいるかもしれませんが、やはり後悔する人は多いようです。
転職してみて、思っていた仕事内容と違う仕事をしなければならなかったり、お給料面も、入った当初は求人通りで気にしていなかったが、昇給せずに後悔している。とか、人間関係においてもいえるでしょう。中途採用と言う立場になるわけですから、「新卒新人」と言う目では見られません。仕事は出来るのか?人当たりはいいのか?などと勘ぐられながら、日々を過ごす事もあるでしょう。

このように、いろんな状況が考えられますが、実際には入ってみないと解らない部分でもありますので、多少の後悔は覚悟しなければならないでしょう。

では、失敗した!と思う部分は、どんなところでしょうか。

自己分析の不足、と言う人がいます。
出来るだろう、やれるだろう。と思って、いざ転職してみたら、思うように仕事が覚えられなかったり、簡単にこなせると思っていた仕事が、実際はきつくて苦痛になる。
また、やりたいと思っていた仕事だが、中に入るとイメージと違った。
など、入社前に想像ばかりが膨らみ、現実についていけない。という事も。
これは、経験が無い職種に転職するときに起こりえる状況で、見るのと実際にやるのは全く違う場合が多いので、自分に出来ることに+αの付加を考えて=出来ると捕らえる事が大切でしょう。

企業分析の不足という例もありました。
就職するまでに、その企業の雰囲気を掴むことは難しいでしょう。
採用までに出会える、その企業内の人は、面接してくださる担当の人や、中小規模の会社であれば、社長や副社長の面談もありますね。
面接官や、その上の人たちの印象が良かったからと、安心して職場に配属。
実際に働いている社員間は雰囲気が悪くて…。何てことも。
経営者と従業員には、ある程度のギャップがあると思います。
そこを知るのは難しいですが、知り合いに、その会社に勤めている人や、会社との付き合いがある人を探して聞いてみたり、あるいは、企業の離職率を調べたり(離職率が低いほうが働き易い会社と言う印象を受けます。)、事前に自分なりに調査をしていると良いかもしれません。

面接時の確認不足ということも。
採用してもらいたいがために、面接時にあれこれ聞けず、実際に就職したら、求人票の記載と条件が違った。と後悔する人も多いかも。
このご時勢、仕事に就けないと大変不安になりますし、出来るだけ好印象で面接を受けたい。と言う人もいるでしょう。しかし、雇用条件は大切なことです。確認の際に、嫌な顔をされても、採用される人は採用されるでしょうし、必要以上にとはいいませんが、求人票の記載内容の確認くらいは、面と向かってするのがよいでしょうね。

失敗となるか、成功となるかは、個人の考え方もあるでしょうが、準備は万全にして、転職に向けて頑張ってください。