Uターン転職で後悔しないためには

東京に住む人のほとんどは地方の出身者だと聞いたことがあります。
古くから東京の街に住み続けている家庭もあるでしょうが、大体は就職などで上京している人がほとんど。
それは、本人だけでなく、親の世代、その上の世代を含めてです。
つまり、わりと「田舎」を持つ人が多いんでしょうね。

ですから、「Uターン」と言う言葉が根付くわけでしょうね。

では、そのUターン就職について、少し考えます。

田舎から、都会へ憧れ、都会の生活に夢を描き、就職する際に東京・大阪・名古屋などの大規模都市へ移り住む人たち。
実際に就職してみて、生活を始めてみて、最初は仕事を覚えることや生活に慣れることで一生懸命になるでしょう。
仕事や生活に慣れてくると、今度は、親しくなった人たちと遊びに行ったり、自分で何か習い始めてみたり。と、生活を楽しめるようになります。
田舎と違って、都会は交通の便が良く、また、アミューズメントパークやスポーツ施設、旅行に行くにも格安で、と、たくさんの楽しみ方が出来ます。
ですから、田舎の暮らしを忘れて、楽しい時間を過ごすでしょう。

でも、その生活に馴染めず、田舎に戻りたい。と思う人や、例えば結婚して子供が産まれて「子供はのびのびと田舎で育てたい。」と思う人、中には親に戻ってほしいと言われて、理由は様々ですが、Uターンを考え始める人も多くいるでしょう。

では、Uターンをすることで後悔はしないのか?

まずは、Uターン就職する決断に至るまでの考えですが、何のためにUターンするか?
何より、自分自身の為であることが後悔しない一番の理由になるでしょう。

地方の賃金は、基本的に首都圏などよりも低いです。これは大前提で考えましょう。
ですから、収入ダウンは覚悟しなければなりません。

その上で、後悔しないこと。メンタル的に都会に馴染めないなら、田舎に帰ることで改善されますから、さほど後悔は無いでしょう。
しかし、親の都合でUターン就職をした時に、収入が下がって、遊びに行く機会も減り、親の面倒を見なければならないとなると、ストレスになり、後悔に繋がるかもしれません。
一度は親元を離れ、自立をしたわけですから、一つの線は引いた上で、出来るときに親の役に立てるように生活をすればよいでしょう。遠く離れていると、困ったときに頼ることも出来ませんが、何かあれば支えあえる距離になることは間違いないですし、そのことを有難いと思って生活できれば、後悔も少なくなるでしょうね。

人間なら後悔は必ずします。昔のことが良く見えるのは当たり前です。
でも、その時に、その現状が嫌だったから、今の場所にいる。とうことを忘れずに、せっかくの人生を楽しく、前を向いていくのが後悔を減らすことになるのではないでしょうか?